アニポの代わり

アニポの代わりに「のうコメ」が無料で見られる5つのサイト

のうコメが無料で見たい!

と思っていませんか?

ぶっちゃけアニメが無料で見放題と言えば、Anitube、AnitubeX、アニポの3大サイト。しかし、違法アップロードだし、重いし、いきなり閉鎖したり不満爆発。そこであなたのためにのうコメが快適に見られるおすすめアニメ動画サイトを紹介します。

もちろんすべて無料で登録できます。

こちらはのうコメの参考サイト
アニチューブ公式:のうコメ
キスアニメ公式:のうコメ

アニポの代わりにのうコメが無料で見られる無料アニメサイト

実は、ぶっちゃけアニポはおすすめしません。

なにせ、

ウィルスでスマホが壊れるからです。

そんな危険を犯してまで海外サイトを使うのは情弱です。

日本の安全なサイトでも無料で漫画が読めますよ?普通に。

それが「U-NEXT」というサイト。


↓この通り。


登録は必要ですが無料ですし、このサイトならこの通りなんでも揃っています。最新アニメから名作アニメまで揃ってますよ。

初回登録から31日間は完全に無料でアニメが見放題。

また毎月1,200ポイントがもらえるのでそれを使えば漫画を読むことができます。

不要になれば31日以内に解約すればお金は一切かからないので、ポイントだけをうまく使って完全無料でアニメを見ましょう。

人気アニメが無料で見放題

アニメが見られるU-NEXT


■U-NEXTの無料キャンペーン
無料期間は31日間あって、PPVで使えるポイントも600円分もらえます。

■U-NEXTの料金
U-NEXTの料金は月額1,990円で見放題+PPV(課金)です。
ぶっちゃけ高いです。

ですが、U-NEXTは毎月自動的にPPVで使えるポイントが1200円分もらえるんで、新作コンテンツやドラマやアニメなどのPPV作品を多く見る人なら、実質790円といってもいいくらいコスパが高くなります。

■U-NEXTの特徴
U-NEXTは料金は他と比べても高めですが、PPVで使えるポイントがたくさんもらえるんでコスパ的な意味ではかなり良くなっています。
動画の数もアニメだけで1,600本以上あって、その他のジャンルも全て合わせると見放題80,000本、PPV50,000本とかなり多いです。
また様々なデバイスに対応してるんで、パソコンだけでなくスマホやテレビやゲーム機などからでも視聴ができます。
更に1つのアカウントで3つまでサブアカウントを作れて、それぞれで視聴履歴を管理できたり同時視聴もできるんで、家族などで使う時にも便利です。

ちなみに、U-NEXTで見れるアニメは下記のような作品があります。

・ワンピース
・ドラゴンボールZ
・ソードアート・オンライン
・テニスの王子様

有名どころも多く、かなりの数があります。

また他にも雑誌の読み放題やコミックや書籍のサービスもあるんで、アニメだけでなく漫画なども楽しむこともできます。

公式サイトはこちら

アニメが見られるhulu

■huluの無料キャンペーン
14日間の無料お試し期間があります。

■huluの料金
huluの料金は月額933円です。
そしてなんと、huluは他のVODとは違い月額料金だけで全ての作品が見放題です。
追加でお金がかかる事がないんでとてもわかりやすい料金プランです。

■huluの特徴
huluの最大の特徴は料金のところにも書きましたが、全部見放題というところです。何をどれだけ見ても毎月定額料金以上かかる事はありません。他のVODだと映画などは見放題で見れても、ドラマやアニメなど複数話あるような作品は1話だけ見放題でそれ以降は課金が必要だったりする場合が多いです。
しかしhuluならそれら全てを月額料金だけで見ることができます。見始めたら最後までお財布を気にすることがありません。

ちなみにhuluで見られるアニメはというと、

・進撃の巨人
・名探偵コナン
・銀塊
・BORUTO

などがあります。

最新作が少ないというデメリットはありますが、見放題でたくさんの動画が見たいという人にはとてもおすすめです。

公式サイトはこちら

アニメが見られるFOD

■FODの無料キャンペーン
1ヶ月間の無料お試し期間があります。

■FODの料金
FODの料金は月額888円で、見放題+PPVになっています。
コース名はFODプレミアムで、FODのメインのコースでバラエティやドラマやアニメなどたくさんの動画が楽しめます。
他には競馬予想TV!月額見放題コースというのもあり、月額1,000円で見ることができます。

またアニメファンにはアニメ見放題コースというものもあり、月額350円で旧作から最新作まで色々なアニメが楽しめるコースもあります。

■FODの特徴
FODの特徴といえば、まずはフジテレビで過去放送されていた作品が見られるところです。フジテレビ以外の動画の取扱もありますが、メインは過去フジテレビで放送されていたバラエティやドラマやアニメが中心になっています。そしてそれらはFODでしか見ることができないものばかりです。

アニメに関しては、もともとノイタミナ作品にスポットを当てていて、ノイタミナ見放題コースというかたちでサービス提供していました。それが2015年より他作品も多数取り扱いをするようになり、現在はフジテレビならではの人気アニメをたくさん見ることができるようになっています。

メジャーどころですと、

・あまんちゅ
・東のエデン
・GTO
・るろうに剣心

などがあります。

月額350円でアニメのみを楽しめる専門のプランがあるので、VODでアニメしか見ないなどという人にはとてもおすすめです。

公式サイトはこちら

アニメが見られるAmazonプライム


■AmazonPrimeの無料キャンペーン
30日間の無料お試し期間があります。

■AmazonPrimeの料金
AmazonPrimeの料金は月額400円のプランと、年額3,900円(月換算だと325円)の2つのプランがあり、全ての動画が見放題です。

■AmazonPrimeの特徴
AmazonPrimeの特徴は、あのネット通販サイトのAmazonのVODサービスというところにあります。AmazonのPrime会員になることでVODを利用することができるようになり、その他にも下記のような特典を受けることができます。

・Amazonで注文した時にお急ぎ便・お届け日時を指定できる
・Prime会員のみ購入可能な商品を買える
・AmazonPrimeMusicで100万曲以上聴き放題で利用できる
・AmazonPrimePhotoで無制限に写真を保存できる
・AmazonPrimeReadingで本や漫画や雑誌が読み放題で利用できる

これらのサービス+AmazonPrimeVideoというVODサービスが月額400円で利用できます。さすがAmazonと言わんばかりの驚きのコスパです。

もちろん、だからといって各コンテンツの品揃えが悪かったり質が良くないかというと全くそんな事はなく、やはり内容もさすがのAmazonといった品揃えになっています。

アニメに関してもメジャー作品からマイナー作品まで非常にたくさんの取り扱いがあり、

・鋼の錬金術師
・妖怪ウォッチ
・美味しんぼ
・シュタインズ・ゲート

などがあります。

とにかくコスパが最高で、Amazonでよく買い物をする人だけでなくVODだけ楽しみたい人などでも十分に満足出来る内容になっています。

アニメが見られるNetflix


■Netflixの無料キャンペーン
30日間の無料お試し期間があります。

■Netflixの料金
Netflixの料金プランはちょっと特殊です。
プランは3種類あって、プランによって画質と同時視聴可能数が変わります。月額料金で全ての作品が見放題になっています。

・ベーシック
料金:800円/月
画質:SD
同時視聴可能数:1

・スタンダード
料金:1200円/月
画質:HD
同時視聴可能数:2

・プレミアム
料金:1450円/月
画質:4Kまで(各作品の最高画質で視聴可能)
同時視聴可能数:4

■Netflixの特徴
Netflixの一番の特徴はオリジナルコンテンツの豊富さです。とにかくNetflixでしか見られない作品が多いです。

オリジナルコンテンツっていうとなんとなくしょぼいイメージもありますが、Netflixの場合は全く逆で、現在のNetflix人気は全てオリジナルコンテンツだと言っていいくらいクオリティが高い作品が多いです。

アニメに関してもNetflixオリジナルのものが多く、聖闘士星矢をリメイクした『Knights of the Zodiac: 聖闘士星矢』なども話題を集めています。

他にもたくさんのアニメ作品を見ることができて、

・バキ
・ゲゲゲの鬼太郎
・ピアノの森
・キラキラ プリキュアアラモード

などがあります。

見られるアニメは、どちらかというとメジャーなものよりはマイナー作品やオタ向け作品が多くなっています。

アニポの代わり

のうコメ 2期

脳コメ 1話

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 2期

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 2期アニチューブ

のうコメ op

脳コメ ショコラ

脳コメ 11話

脳コメ 選択肢 一覧

脳コメ ふらの

脳コメ 1話 anitube

一定の部分までは無課金であってもさほど苦になりませんが、次のシーンに行こうとした場合に、課金できるお金を有している人がアドバンテージを持つことになるというのは否定できません。

アニポを活用して、のうコメの課金に必要なポイントを手にすることができます。

その上、そのポイントをプリペイドカードと引き換えることも可能だそうですね。

売り上げ高もうなぎ上りののうコメの市場。

リセマラを実行したくなるゲームはたくさんあります。

だけども、ゲームに集中できないとしたら、問題ありだと考えます。

どんな事に対しても「中庸」がよろしいのではないでしょうか?アニポをご覧いただくと、のうコメのダウンロードが可能なページが見つけられるはずです。

ストレートにダウンロードするのは止めて、アニポを利用してダウンロードする方が重宝します。

白猫に関して言えば、のうコメでは当たり前だったクエストを切り抜けるためのスタミナの存在がないなど、ワクワクするようなトライアルも採用されており、「手の込んだRPGで勝負がしたい!」という人にはお誂え向きのゲームだと考えられます。

のうコメをやっている人が、ゲームアプリをダウンロードしてみようと思ったファクターは、「スマホ広告」が多いらしく、「テレビのコマーシャル」だと答える人と総計すると、60%弱だそうです。

「白猫プロジェクト」は、「黒猫のウィズ」でブームが巻き起こったコロプラがプロデュースしたゲームだけのことはあり、既製ののうコメとは相違するメカニズムとか独自性が数多くあって、非常にウキウキすることと思います。

現在のところ人気を博しているスマホアプリは、キャラクターを育て上げるゲームだと言えます。

各自の好みのままに育て上げることができるとのことで、人気を独り占めしている感じです。

現代ではコラボレーションという形で、人気が衰えない作品がソーシャルゲームの中に登場したりなど、版権物を活用しているソーシャルゲームが数を増やしてきたと言われています。

ゲームをしている中でアニポの代わりなどを購入する際に利用するお金は、仮想通貨と表現されていますが、この仮想通貨は本当に携帯電話料金に加えてか、クレジットカードで支払うことによって有することができるものです。

こつこつとストックしたポイントを、キャッシュやiTunesギフトコードなどと交換するようにすれば、最新のうコメのガチャを、実際のところは無料でやることが可能になるのです。

ほんの短い時間にプレイできるものとか、長時間を費やして肩肘張らずに堪能できるものがあるので、自分自身にピッタリのアプリを選択してみましょう。

数多くの最新のうコメアプリにトライして、実際に熱中できたゲームに限って選んでいます。

アツくなるシチュエーションや見れない法を詳細にお話しております。

のうコメ用のアニポ内の広告をワンクリックしたり、アンケートに記載したりするだけで、対価としてガチャに挑戦できるポイントをいただくことができるみたいです。

実際的にゲームに挑戦するようなことがなくても、「ソーシャルゲーム」の名称は、専門誌であるとか電車内広告など、いたる所で目にすることがあるだろうと考えます。